• ホーム
  • ヘルペスの診断が出たら治療薬を必ず服用したほうがいい理由

ヘルペスの診断が出たら治療薬を必ず服用したほうがいい理由

男性を診ている医者

口唇や性器周辺に発症するヘルペスは、治療を行わずに放置したとしても時間経過とともに自然治癒することがほとんどです。しかし、未治療のまま放置すると様々なリスクがあるため、治療薬を使用して治癒させることが重要です。

ヘルペスを発症した際に治療薬を使用すべき理由としては、重症化を防ぐことが挙げられます。ヘルペスによって生じる水ぶくれは、かゆみや痛みを伴うことが多く、患部を触ったり、引っ掻いてしまうと症状が悪化する恐れがあります。特に性器ヘルペスの場合は、放置することで激しい頭痛や排尿困難につながる恐れもあるため注意が必要です。また、発生した水ぶくれは、最終的にかさぶたとなって剥がれ落ちますが、治療せずに放置した場合、シミや色素沈着などが残ってしまう恐れがあります。特に、口唇ヘルペスの場合、目立つ場所に発症するため、痕を残さないためにも治療薬を使用すべきでしょう。

また、ヘルペスは放置すると周囲の人に感染させてしまうリスクが高まります。ヘルペスウイルスは感染力が非常に高いため、直接的な接触以外にも、タオルなどを介しても感染する可能性があります。そのため、家族などの周囲の人への感染を防ぐには、少しでも早く回復させることが重要です。治療薬を適切に使用すれば、自然治癒よりも早期に回復につながるため、重症化や周囲への感染リスクを軽減可能です。

この感染症の治療には、抗ウイルス薬が使用されます。抗ウイルス薬の種類には大きく内服薬と外用薬、点滴薬がありますが、発症部位や重症度によって使い分ける必要があります。一般的に、ヘルペスウイルスに初感染した際に症状が現れた場合は、重症化しやすいため内服薬を使用するのが基本です。ヘルペス治療に用いられる内服薬の種類には、バルトレックス・ゾビラックス・ファムビルなどが挙げられますが、いずれも医療用医薬品に分類されるため医療機関を受診する必要があります。なお、これらの内服薬にはジェネリック医薬品も存在するため、薬代を抑えることも可能です。また、内服薬でも治療が難しいほど重症化している場合は、点滴薬による治療が行われるケースもあります。

一方で、再発時などの比較的軽症である場合は、外用薬のみで治癒させることが可能なこともあります。外用薬であれば市販薬もあるため、再発時は医療機関を受診せずとも治療できますが、外用薬は患部の症状を緩和させる効果があるもので、体内でウイルスが増殖するのを防ぐ効果はありません。そのため、外用薬は内服薬の補助的な役割で使用されるケースもあります。