薬を飲んでいる男性

ヘルペスは、発症すると患部にかゆみや痛みを伴う水ぶくれが発生するのが特徴の皮膚感染症です。一般的にヘルペスと言うと、口唇や性器の周辺に発症するものを指しますが、その原因はヘルペスウイルスです。ただし、一口にヘルペスウイルスと言っても、非常に多くの種類が存在しており、人間に感染するものは8種類確認されています。口唇や性器周辺に症状を引き起こす原因となるのは、8種類の中でも単純ヘルペスウイルス(HSV)と呼ばれるものです。

HSVは、主に口唇ヘルペスを引き起こすウイルス1型(HSV-1)と、主に性器ヘルペスの原因となる2型(HSV-2)に分けることができます。ただし、HSV-1が性器周辺に感染したり、HSV-2が口唇周辺に感染したりするケースもあり、それぞれどちらのヘルペスの原因となります。また、HSVは口唇や性器周辺だけに症状を引き起こすだけでなく、角膜炎や口内炎、脳炎など体のあらゆる部位に影響を及ぼすウイルスです。

ヘルペスを予防するには、症状が現れている部位への接触を避けることが重要です。口唇付近に症状が現れている場合は、キスや頬ずり、オーラルセックスによって感染する可能性が高まります。また、性器周辺に発症している場合は、性行為全般を控えることが大切です。特に、不特定多数の人と性行為を行うと、感染リスクが高まるため注意が必要です。また、患者は極力患部を触らないようにして、触った場合は必ず手を洗うことで感染リスクを軽減できます。さらに、HSVは非常に感染力が強いウイルスなので、タオルや食器類、トイレの便座などを介しても感染する恐れがあります。そのため、患部に触れる可能性があるタオルなどの共用は避けたり、便座など共用する必要があるものは十分に拭いてから使用したりすることが予防の基本です。特に、皮膚に傷や炎症がある場合は、感染リスクが高まるため、より一層注意する必要があります。

なお、HSV-1やHSV-2は人間の体に感染すると、神経節に潜伏するという特性があるウイルスです。たとえ治療薬を使用したとしても、神経節に潜伏したウイルスを排除することはできないため、ヘルペスは再発率が非常に高いことで知られています。通常時は、免疫機能によって神経節内のウイルスは増殖が抑えられているため、症状が現れることはありません。しかし、風邪や疲労、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどによって免疫機能が低下すると、神経節内のウイルスが再び活発に活動を開始することで再発してしまいます。そのため、体調管理に十分注意したり、疲労やストレスをため込まないようにしたりすることで、再発を予防することが重要です。